-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-24 06:36 | カテゴリ:その他
今日は苦労話を紹介します。

APAPホルダー,これからという人の参考にどうぞ。

これが”おれんち”のAPAP水槽台です。
3段,フルホワイト,キャビネットタイプ。



其の一:バックの黒
たいしたことない話から。黒バックはAnで使用しているものと同じもの。
ホームセンターで購入。
たまたま風が強い日でした。持ち運びに苦労しました。
設置は簡単。
壁にエア配管を押し当てて挟みました。
購入したサイズとAPAP水槽台はベストマッチで加工無し。

其の弐:エアの固定
オリジナルAPAPは柱,梁に結束バンドで固定。
フルキャビネットバンドを固定するところがありません。。。
ホームセンターで探しました。
見つかりました。
エア配管固定用のパーツ(なんてよべばよい???)
このパーツをAPAPに両面テープで固定。
これだけ。加工無しで取り付けできることがよいところ。
写真はエルボ部の固定パーツでTEEもあります。
エルボ4個,TEE2個を使用しました。
世の中には便利なパーツがあるものです。

APAP-21.jpg

さて最大の苦労話がやってきました。
ある人は気づいている。
まずはこちらの写真です。
(もったいぶります。苦労したもん)

APAP-31.jpg

もう一枚。

APAP-32.jpg

なんのこっちゃ???と思っている人がほとんど。

見てください,エリーライトがAPAPの中にあるんですよ。

???

当たり前ではありません。

オリジナルAPAPは柱間のスペースにエリーライトを配置。
フルキャビネット,柱間のスペースなんてありません。
幅はもちろんほぼオリジナル。
結果,,,,
エリーライトが中に入らないという大問題が発生したんです。
さすがにこれがわかったとき,目を疑いました。
そんで,終わった。。。。と思いました。

S店長に相談しました。
対策は,エリーライトショートです。
35mmカットしました(笑)。
ケース本体(たぶんアルミ),蛍光灯カバー(塩ビ),蛍光灯抑え(??)をカット,カットォ~。
ライトをカットすることに躊躇しましたが,趣味だものやってしまえ,です。

カット寸法は誤差もあるのでカバー本体をカットしたあと,他のものは現物合わせでカットです。
これをやる人は少ないでしょうが,35mm以上のカットはできません。
スイッチの裏,蛍光灯抑えのスペースが必要なので35mmが限界値とみてください。


最後に仕上げのステッカーです。

APAP-51.jpg


こんな苦労をした10日間で,セットしたAPAP水槽台。
エリーライト点灯したときの喜びはサイコー!!!

さて,次回は中身のアピストです。
昨年の帰国から買い足したアピストの紹介です。




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://fumugel.blog.fc2.com/tb.php/28-2b3d118f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。